お金がなくてピンチの状況下ですぐに利用できる現金を作り出すための方法

お金がなくてピンチの時は、誰でも気持ちが不安に襲われてしまうでしょう。

支払いのことで頭がいっぱいになり、夜も寝られない状態になるかもしれません。

今月に支払うべきお金が足りないケースでは、今すぐお金を作る必要があります。

悩んでいる時間はなく、行動に移して結果を出すことが大切です。

継続的に安定した収入を目指すことは重要です。

但しこのような緊急事態では、何らかの方法を使って可能な限り早く現金を手にする必要があります。

ここでは、実体験を交えながら、短期間でお金を作る方法について書いてみましょう。

個人的なつながりでお金を借りるメリット

今すぐが「今日中に」ということであれば、即日払いのアルバイトをするか、キャッシングでお金を借りる方法があります。

但し、即金アルバイトといっても、その日のうちにアルバイト料がもらえる場合もあれば、数日後に振り込まれるケースもあります。

当日払いのアルバイトを探しても、適当なものが見つかるかどうかはわかりません。

また、キャッシングはもちろん後で利息を払わなければならず、当面は乗り切っても後々の負担が重くなります。

安定した収入がない人は、そもそもキャッシングの審査に通らない場合があります。

当日かあるいは数日中にお金を確実に作りたい時は、やはり親族や知り合い、友人に借りることを考えることがベストです。

個人的につながりのある関係であれば、利息もいらないと言ってもらえる可能性もあります。

また、今すぐに借りることができる点も大きなメリットです。

不用品の処分は素早く現金を作り出す最も簡単な方法

一時的に収入がストップしたり、大幅に減ったりした場合に、減少した部分を埋める必要が出てきます。

特にフリーランスは個人で仕事をしているため、急に仕事が入らずに、お金がなくてピンチになるリスクがあります。

私自身も、その体験をした一人です。

仕事での収入が極端に少なくなり、立て直しをしながら、緊急に不足分のお金を作り出す必要がありました。

その時に役立ったことの一つは、不用品の処分です。

不用品の売却は、自宅にある様々な品を売却してお金に変える方法です。

ブランド品の洋服や買ったばかりの家電製品を売却して、お金を作りました。

そこまで大きな収入ではなかったのですが、多少なりとも不足を補うことに役立ちました。

時間があればオークションを利用して売却するのも一つの方法です。

場合によっては、買取業者よりも高く売れる可能性があります。

ポイントサイトで一時的に集中して稼ぐ

ポイントサイトの利用は、一時的に多くの金額を稼ぐのに有効な方法です。

私の場合は、証券会社やFXなどに口座開設をして、ポイントを得ました。

元々証券会社の口座開設を考えていたため、一石二鳥でした。

合わせたポイント数は数万円程度になり、一時的な方法とはいえかなり助かりました。

投資関連の口座開設や取引の案件では、多くのポイントが発生するものが多いです。

特に口座開設のみでポイントが発生する案件は、全くリスクがないためおすすめです。

入金や取引が必要な案件の場合は、慎重に行って、取引で損失を大きくしないようにする必要があります。

いくつかの大手のポイントサイトに登録して、出ている案件を見比べることも効果的です。

より有利なポイント数が付いている方を選べば、さらに得をします。

ポイントサイトの利用は、あくまで一時的な方法です。

継続して稼ぎたい場合は、クラウドソーシングの記事作成などの仕事やその他の案件をこなしていくことが有効です。

お金がなくてピンチなら一先ず節約を心がけよう

不用品の売却は、契約が成立すれば、比較的早く口座にお金が振り込まれます。

一方、ポイントサイトでは、特に高額案件になれば、ポイントがつくまで1ヶ月や2ヶ月以上など、ある程度の時間がかかります。

クラウドソーシングの関しては、仕事をこなして承認されるまでの期間は、クライアントによって異なります。

早く承認される場合もあるため、ポイントサイトよりは早めの現金化も可能です。

クラウドソーシングは月に2回の出金日を設けているケースが多く、こまめに入金される点も特徴です。

振込先は、振込手数料が安く済む銀行を選ぶことが効果的です。

お金がなくてピンチな場合は、たとえどんなに小さな金額であってもおろそかにせず、できるだけ節約することが大切です。

お金がないこれはやばいと思ったこと誰でもあるよね!じゃあどうすれば?

お金がないこれはやばいと思った時、それが給料日までしのげればなんとかなると言う状況なら徹底的にそこまでケチに徹して、何とかやり過ごしましょう。

食費を抑えるとか、日用品費を抑えるだけで、随分違ってきます。

もしそれだけではどうにもならない場合、そう言う時に最後の手段として、消費者金融とかカードの現金化があるとおぼえておくと、お金がなくてやばいとパニックを起こさずに済みますよ。

お金なんてあって当たり前、と言う人だってもちろんいるでしょうが、それでもふと今月お金やばくない、と言う状況に陥ることだってあるはずです。

しかも銀行にも残高が無いとなったら、もう追い詰められて当然です。

どこかを切り詰めて、ぎりぎり次の収入があるまで繋がなくてはなりません。
仕事がある人の場合次の入金までなんとかすれば良いのですから、まだマシですよね。

ではとりあえずすること、お金をつなぐことについて見ていきましょう。

お金なくてやばいのでまず食費に交際費

次のお金が入るまで、後1週間位というところでお金がやばくなった場合、もう最初に切り詰めるところは食費ですね。

もちろん外食はできるはずもありません。
しかし自炊にしても、材料がなくては作れません。
そこまで追い詰められた場合はとりあえず、炭水化物だけ確保しましょう。

炭水化物は体に良くないとか言ってる場合ではありません。
少なくとも空腹は抑えられるし、それに糖質が多いので糖質不足で頭がぼんやりすることもありません。

問題は、炭水化物だけの食事をしていると太るということですが、そんなことはこの際無視です。

お腹をふくらませることができれば、それなりに暮らすことも出来ます。
お金がやばくなったらまず、食費からカットです。

この時点でお誘い、飲み会などあってもきっぱりと断ることも大事です。

おごるよとか貸すよと言われても、ここで借りたりすれば次の収入から引かれて、堂々巡りになってしまいます。
誘いには乗らないように、身を慎みましょう。

交通費などの雑費もカット

交通費というもの、これも馬鹿にできません。
会社が交通費を支給してくれている場合、会社までの交通費は心配ないですね。

しかしそうでない場合、交通費をかけて出かけなくてはならない場合には、これのカットも大事です。

例えば2種類の路線を使っている場合、1種類にするという手もあります。
乗換駅まで自転車でとか歩くという手を使います。

これでかなりの金額が、手元に残るんです。

会社からの支給がある場合にも、お金が次の月はやばそうと思ったら、この手を使って手元にお金を残しておきましょう。

ちょっとしたことですが、これ随分と役に立ちます。
ついでに健康面でもプラスになりますので、かなりお得だということです。

また日用品などの買い物、普段ならどうということのない買い物、掃除用具とかティッシュペーパー、トイレットペーパーも節約心がけましょう。

トイレはできるだけ外で済ませてなど節約に燃えてください。

いやあそれって、ケチで格好悪い、とか言っていると最後あたりは食事もできないという悲惨なことにもなります。

格好悪くても、どうせ誰にも見られないなら見られない場所なら、せっせとケチって乗り切ることが大事です。

幸い個人で、しかも一応仕事を持っている人の場合、お金がなくてやばいと言っても次の給料日まで根性入れれば、それなりに何とかなるものです。

節約心がけてと言うか、一時的なケチに徹すれば、乗り切ることは可能です。

他にももちろん、消費者金融やクレジットカードの現金化に頼る手もないではありません。

実際どうにもならない場合には、ナンバーワンクレジットの利用するほうが適切かもしれません。

でもそうしたシステムに頼り過ぎも怖いものです。
またそれを習慣にしてしまうと、次の月にお金を返す、支払う、お金がやばいの繰り返しになってしまいます。

ちょっとした工夫と節約で乗り切れる場合は、少しだけ貧乏に徹するのがオススメです。

ただそれだけでは手に負えない場合には、消費者金融やカードの現金化も利用できる最後の手段なと、憶えておくといいでしょう。

お金がないとどうなるか?どうなっていくか?考えられるさまざまな影響

お金がないなら、ないなりに生活していけばよいと思うかもしれないですが、自然と行動は制限されて、次第に心のコンディションに影響を出すようになってきます。

やがて人間関係も壊して周囲から孤立して、孤独を感じる可能性もあります。

気をつけることができるのなら、普段から仕事でお金を稼いだり、貯蓄をして生活に苦労しないことが大事です。

お金がなくなると、周囲の状況、自分の内面など変わってしまうことがあります。

それだけ日々の生活を潤しているのがお金です。

お金が無くなったらどのようなことになるのでしょうか。

お金が無くなると、行動に制限が生まれて、やがて心の不具合が出てきたり、そして人間関係に影響を及ぼしたりします。

すべての人がそうなるわけではありませんが、変わっていくこともありますので、事前に予防ができるなら変えていきたいものです。

行動が限定された行為になる

お金に余裕がなくなってくると、普段する行動に制限が生まれてくるようになります。

たとえばお金を使うところは、趣味や娯楽に使うことが減ってくるため、生活用品を購入する為だけの場所に限られてきます。

またそのスーパーやドラックストアなどの利用しているところは、自然に値段の安いところに限定されるようになり、行くところが限られてくるようになります。

値段が高くなってくると、他店と値段を比べたりもしますが、すべて値段重視で決められるため自分の希望ややりたいことではないことがあります。

そういったことが繰り返し行われていると、飽きてきたり、つまらないという感情がやがて生まれてきます。

他の遊びで解決することは今はできませんので、日々の生活でいっぱいになります。

心に余裕が生まれてイライラや落ち込みが生まれる

行動が制限されて、自分の好きなことができなくなってくると、自分の心の中に不具合が起こってくるようになります。

この不具合も度合いが低ければ、お金を使うことで解消できるのですが、それも今はすることができません。

だんだん大きくなり抱えきれなくなって、自分で解決できないようになってきます。

やがて、常にイライラするようになったり、心の乱れが起こるようになります。

イライラを繰り返している間にそんな自分や状況に落ち込んだり、もっとイライラするようになったり悪循環になることもあります。
そうやって心のコンディションをどんどん乱して、同じところをぐるぐるしているような気分になってしまうのです。

ストレスで人間関係に影響が出始める

行動の制限や心の乱れはやがて関係にも影響が出ていきます。

行動の制限が生まれることにより、人に会って発散できるような交際費が削減されますし、話したり遊んだりして気分転換することができなくなります。

欲しいものが買えなくなったり、ストレスはたまる一方です。

これらのことが頻繁に起こるようになると、心の乱れは自分で抱えられなくなるため、人に当たってしまったりこのような状況になったことについて相手を責めたりなど周囲の人とうまく行かなくなります。

人に話したり相談することで解決に向かえばよいのですが、例えば人にお金を借りたりすると人間関係はこじれることが多くなりますし、八つ当たりしすぎるとそのまま人間関係は破綻していきます。

そうやって何もできなくなり、心も病み、周囲の人との関係も切れだんだん孤立していきます。

最初はお金がないということだったのに、生活全般に影響を出すようになりうまく行かなくなるのです。

お金はわからないところでも影響を出すようになり、日々の出来事につながっていたりして、だんだん自分を変えていってしまうのです。

金が無くなってくると、行動や心に影響に生まれてくるようになり、周囲の人間関係に影響がでることがあります。

お金に苦労しないように働く事や貯蓄することは大切なことであり、自分の生活を維持するために必須なことです。

お金だけに振り回されないことも大切ですが、なるべく苦労しないように普段から気をつけることも大事です。

お金がないならクレジットカード現金化
急ぎな用立てによりどうしてもお金がほしくてどうしようもない人の最後の手段